2007年10月31日

路線とは:その他夜行バス車内で役立つのは、夜間「光...

その他夜行バス車内で役立つのは、夜間「光が気になって眠れない」「音が気になって眠れない」と思う人は、「アイマスク」や「耳栓」を用意して乗ることをおすすめする。
枕がないと眠れないという人は「枕」(空気でふくらませるタイプが便利)もあるといいだろう。
ただし会社によってはシートに枕が備え付けているところもある。


格安夜行バスの車両は、長時間乗ることを前提として作られているため、非常に快適に作られている。
格安夜行バスの場合、ほとんどの場合シートが1席ずつ独立しているので、隣の人があまり気にならないようになっている。
ただし一部会社や車両では例外ある。


格安夜行バス-夜行バスの歴史@そんな夜行バスの歴史をちょっと紹介する。
夜行バスの歴史は意外と古く、1960年代から国鉄などが列車の補完として走らせていた。
当時は高速道路網も現在ほど充実していないし、また車両もごく普通の昼間に走る観光バスと同じようなものだった。


格安夜行バスは深夜時間帯になると消灯される。
消灯になる時間はだいたい22時〜23時頃になることが多い。
車内は足元の一部の灯りを除いて真っ暗になる。
運行距離が短く、出発時刻が遅い路線では、出発直後にすぐに消灯になる路線も多いが、長距離の路線ではビデオ映画を1本流した後に消灯になる会社もある。


関連情報はここから⇒     
posted by y at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63690070

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。