2007年10月30日

事業者とは:格安夜行バスを利用する側にとってみれば、...

格安夜行バスを利用する側にとってみれば、夜寝ている間に移動を行い、朝には現地に到着しているという感じなので、現地で時間を有効に使うことができて大変便利である。
さまざまな工夫がなされたシートは快適でおまけに運賃は他の交通手段に比べるとはるかに安いので、かなりお得な交通手段だといえるでだろう。


消灯になったらリクライニングシートをいっぱいに倒す。
格安夜行バスのシートは眠りやすいようにかなり水平に近い角度になる。
また、座面のお尻の部分がせり上がってさらに水平に近づけるような機構を採用した「スリーピングシート」と呼ばれるものもある。
また、前の席のリクライニングシートを倒されると、足下が若干狭く感じられるようになる場合もあるが、そこはあくまでも「お互い様」だということをお忘れなく。


格安夜行バス会社の監督強化のために、国土交通省の担当者は「特に零細業者への監査をどうすれば良いのかという問題意識は持っている」と話す。
昨年2月には、新規事業者の参入ラッシュに対応するため、設立許可後、半年をめどに監査に入ることや5年程度監査を受けていない事業者には優先的に入るよう方針を転換。
02年7月に108人だった全国の監査人員は、今年1月の増員で166人に増えた。
それでも、貸し切りバス事業者に監査に入る平均頻度は、5・3年に1回だけだ。


関連情報はここから⇒    
posted by y at 19:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63512811

この記事へのトラックバック

三発ヤってきた(笑) 
Excerpt: ツレに教えてもらったんだけど、マジでハメれまくって報酬もらえる(笑) 昨日は一発4まんもらってきた(笑)
Weblog: サカモト武
Tracked: 2007-11-01 06:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。