2007年10月28日

乗車とは:各座席には就寝用の「毛布(ひざかけ)」「...

各座席には就寝用の「毛布(ひざかけ)」「枕」や車内を歩くための「スリッパ」が備えられている。
乗車したら、まず靴を脱いでスリッパに履き替えるのがよい。
その代わり休憩時や降車時にはくれぐれも靴に履き替えるのを忘れないように。
「毛布」は普通、乗車したときにはシートにおいてあるか背もたれにかけられていることがほとんど。
「枕」は、シートに備え付けの会社と、別に用意されている会社がある。


格安夜行バスの乗車時間は長時間になる。
ほとんどが寝ているとはいえ用意は万全にしていったほうが、より快適に過ごすことができるだろう。
バスの車内では複数の人が一緒に夜を過ごす。
自分なりに工夫することによって、周りを気にすることなく快適に過ごせる。


格安夜行バスでは消灯後は携帯電話の使用はしないように。
消灯後に着信音を鳴らしたり話し声をたてたりするのは周囲にとって大変迷惑なことだ。
携帯電話は音が出ないようになっているか(電源切断またはマナーモード)どうか、寝る前に一度確認すること。


関連情報はここから⇒
posted by y at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63068080

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。