2007年10月23日

夜行バスとは:消灯時はすべての窓のカーテンを閉めたほう...

消灯時はすべての窓のカーテンを閉めたほうがよい。
高速道路には運転者の安全のために数々のライト類があるのでカーテンを閉めないと、これらの光が車内に入ってきてしまい、これがまぶしくて就寝の妨げになってしまうからだ。
カーテンは遮光タイプになっているので、光をほとんどシャットアウトでる。
安眠のためにも(空席のところも含めて)必ず閉め、夜中に開けないように。


格安夜行バスは確かに航空の割引運賃に押されることもあるが、基本的に1年中同じ運賃なので、航空や新幹線などの割引運賃がほとんど適用されないような時期には特に重宝する。
また、夜行バスは「宿泊」の機能も兼ねているので、宿泊費を浮かせることができるというメリットもある。


格安夜行バスは今、変化のときを迎えているのかもしれない。
私たちは価格だけではない夜行バスだけの醍醐味をもう一度再認識して、バス会社は乗客は決して価格だけで夜行バスを選んでいるわけではないことを理解してほしいと思う。


関連情報はここから⇒  
posted by y at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62052116

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。