2007年10月04日

時間とは:格安夜行バスは、価格の面ではほかの交通機...

格安夜行バスは、価格の面ではほかの交通機関を圧倒している。
そして価格の面だけでなく、その利便性の面でも他を圧倒している。
それが今日の格安夜行バスの人気の秘密であろう。
しかしその人気があるがゆえの企業側の甘えによる、安全運行指導の徹底不足、運転手の超過勤務を無視、利益ギリギリまでに運賃を押さえ運転手の給料や休暇を削ってまで顧客を獲らなければいけない現実。
このような実態がある限り、この人気や需要もいつまでも続くものではない。


格安夜行バスには、背もたれがリクライニングの角度や前後のシートとの間隔などは飛行機の通常のエコノミー席のシートや電車の座席などとは比較にならない。
通常の飛行機や列車の座席の前後のシートとの間隔が80cm程度だが、夜行バス用として使われる車両では90〜95cm程度になる。
スリッパも備えられており、車内で靴を脱いで足を伸ばしてくつろぐこともできる。
座席そのもの以外にも、毛布(膝掛け)・飲み物や音楽などのサービスも充実している。
もちろん車内に水洗式のトイレも完備してある。


各座席には就寝用の「毛布(ひざかけ)」「枕」や車内を歩くための「スリッパ」が備えられている。
乗車したら、まず靴を脱いでスリッパに履き替えるのがよい。
その代わり休憩時や降車時にはくれぐれも靴に履き替えるのを忘れないように。
「毛布」は普通、乗車したときにはシートにおいてあるか背もたれにかけられていることがほとんど。
「枕」は、シートに備え付けの会社と、別に用意されている会社がある。


格安夜行バスは例えば飛行機と夜行バスではスピードを比べると圧倒的に飛行機のほうが速い。
しかし飛行機は日中にならなければいけないため、自宅から空港へ行く時間、そして搭乗するまでの時間、飛行機に乗っているときの時間、降りて目的地までに行く時間など、様々な時間を費やしてしまうため日中はほとんど動けないことが多い。


関連情報はここから⇒     
posted by y at 13:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

格安夜行バスの情報
Excerpt: なにやら雲行きが怪しい。格安夜行バスほどではないが・・・。今日の天気は下り坂っ...
Weblog: 格安夜行バス
Tracked: 2007-10-10 04:42

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。