2007年10月03日

監査とは:格安夜行バスの中にも、比較的長時間運行す...

格安夜行バスの中にも、比較的長時間運行する路線ではビデオ映画が放映される。
ただし発車後すぐ消灯するような路線ではビデオは使われない場合が多い。
車内にはビデオ・テレビの音声は流れないので、音声を聞く場合にはマルチステレオ用の「ヘッドホン」を利用する。


格安夜行バス会社の監督強化のために、国土交通省の担当者は「特に零細業者への監査をどうすれば良いのかという問題意識は持っている」と話す。
昨年2月には、新規事業者の参入ラッシュに対応するため、設立許可後、半年をめどに監査に入ることや5年程度監査を受けていない事業者には優先的に入るよう方針を転換。
02年7月に108人だった全国の監査人員は、今年1月の増員で166人に増えた。
それでも、貸し切りバス事業者に監査に入る平均頻度は、5・3年に1回だけだ。


格安夜行バスは、夜寝ている間に現地まで格安で運んでくれる本当に便利な乗り物である。
時間は有限である。
そしてお金も有限である。
その時間とお金を無駄遣いしないようにしてくれる夢のような乗り物が格安夜行バスなのである。


関連情報はここから⇒    
posted by y at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58585080

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。