2007年09月26日

車両とは:格安夜行バスは、夜寝ている間に現地まで格...

格安夜行バスは、夜寝ている間に現地まで格安で運んでくれる本当に便利な乗り物である。
時間は有限である。
そしてお金も有限である。
その時間とお金を無駄遣いしないようにしてくれる夢のような乗り物が格安夜行バスなのである。


格安夜行バス-夜行バスの歴史Aそんな夜行バスに、一大転機が訪れたのは1980年代の後半。
福岡県の西日本鉄道が大阪府の阪急バスと組んで1983年に開業、そして1986年に新型車両を導入した福岡と大阪を結ぶ「ムーンライト」号がその先駆けとなった。
従来タイプの2人掛けシートではなく、1人1人各席が独立している大きく背もたれがリクライニングするゆったりとしたシート、トイレはもちろん自動車電話も装備するなど当時の常識では考えられないような豪華さを誇る新型車両を導入した。
 

また、一般的には夜行バスでは「横独立3列・縦10列」の座席レイアウトとなるためかなりゆとりができる。
それに対して、貸切バスなどによく用いられる「観光バス仕様」の車両はその多くが「横4(2+2)列・縦11列」(プラス補助席)の座席レイアウトになっている。
いかに夜行バス用の車両がゆったりした造りになっているかが分かると思う。


関連情報はここから⇒   
posted by y at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57338047

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。