2007年08月23日

枕とは:消灯になったらリクライニングシートをいっ...

消灯になったらリクライニングシートをいっぱいに倒す。
格安夜行バスのシートは眠りやすいようにかなり水平に近い角度になる。
また、座面のお尻の部分がせり上がってさらに水平に近づけるような機構を採用した「スリーピングシート」と呼ばれるものもある。
また、前の席のリクライニングシートを倒されると、足下が若干狭く感じられるようになる場合もあるが、そこはあくまでも「お互い様」だということをお忘れなく。


その他夜行バス車内で役立つのは、夜間「光が気になって眠れない」「音が気になって眠れない」と思う人は、「アイマスク」や「耳栓」を用意して乗ることをおすすめする。
枕がないと眠れないという人は「枕」(空気でふくらませるタイプが便利)もあるといいだろう。
ただし会社によってはシートに枕が備え付けているところもある。


格安夜行バスは快適なだけでなく、利便性も備えている。
地方へ行く夜行バスは、多くの停留所にこまめに停車して乗客を拾って行くので、鉄道が不便な場所からでも乗りやすいという利便性がある。
もし近くに駅などがなくても自分の家の近所から乗ることができる。


格安夜行バスの利点:運賃が安い格安夜行バスの最大の利点は運賃の安さに尽きる。
新幹線や航空の片道分の値段で「往復割引」が買えることもある。
もっとも最近は航空業界の競争が激化して多様な割引運賃が登場し、夜行バスの価格面での優位性は若干薄れてきてはいる。


関連情報はここから⇒    
posted by y at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52468627

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。