2007年08月21日

会社とは:格安夜行バスに乗って仕事に向かう方の中に...

格安夜行バスに乗って仕事に向かう方の中には背広で乗車する人も多い。
そんな背広で乗る場合は「折りたたみハンガー」があると便利だ。
洋服掛け用のフックはたいていのバスについているので利用するといい。
また車内にハンガーを備え付けている会社もあるようなので問い合わせてみることをおすすめする。
これらのグッズはトラベルグッズの販売店などで扱っている。


格安夜行バスに乗って仕事に向かう方の中には背広で乗車する人も多い。
そんな背広で乗る場合は「折りたたみハンガー」があると便利だ。
洋服掛け用のフックはたいていのバスについているので利用するといい。
また車内にハンガーを備え付けている会社もあるようなので問い合わせてみることをおすすめする。
これらのグッズはトラベルグッズの販売店などで扱っている。


格安夜行バスは深夜時間帯になると消灯される。
消灯になる時間はだいたい22時〜23時頃になることが多い。
車内は足元の一部の灯りを除いて真っ暗になる。
運行距離が短く、出発時刻が遅い路線では、出発直後にすぐに消灯になる路線も多いが、長距離の路線ではビデオ映画を1本流した後に消灯になる会社もある。


格安夜行バスの車両は、長時間乗ることを前提として作られているため、非常に快適に作られている。
格安夜行バスの場合、ほとんどの場合シートが1席ずつ独立しているので、隣の人があまり気にならないようになっている。
ただし一部会社や車両では例外ある。


格安夜行バスの実態は深刻だ。
これだけの安い価格で運行をしている限りはしわ寄せがくるのも無理はない。
特に規制緩和の中で中小零細企業が参入をしてきた関係で既存の大手バス会社と零細企業の価格争いが起こっている。
零細企業が大手に勝つには価格を下げるしかない。
これがそもそもの夜行バスの事故増加の原因の一つであろう。


関連情報はここから⇒     
posted by y at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52182968

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。