2007年08月16日

格安とは:格安夜行バスには、背もたれがリクライニン...

格安夜行バスには、背もたれがリクライニングの角度や前後のシートとの間隔などは飛行機の通常のエコノミー席のシートや電車の座席などとは比較にならない。
通常の飛行機や列車の座席の前後のシートとの間隔が80cm程度だが、夜行バス用として使われる車両では90〜95cm程度になる。
スリッパも備えられており、車内で靴を脱いで足を伸ばしてくつろぐこともできる。
座席そのもの以外にも、毛布(膝掛け)・飲み物や音楽などのサービスも充実している。
もちろん車内に水洗式のトイレも完備してある。


格安夜行バスの乗車時間は長時間になる。
ほとんどが寝ているとはいえ用意は万全にしていったほうが、より快適に過ごすことができるだろう。
バスの車内では複数の人が一緒に夜を過ごす。
自分なりに工夫することによって、周りを気にすることなく快適に過ごせる。


格安夜行バス-夜行バスの歴史@そんな夜行バスの歴史をちょっと紹介する。
夜行バスの歴史は意外と古く、1960年代から国鉄などが列車の補完として走らせていた。
当時は高速道路網も現在ほど充実していないし、また車両もごく普通の昼間に走る観光バスと同じようなものだった。


格安夜行バスは値段が安いという利点のほかに、夜行バスとして必要な快適性も兼ね備えている車両であることが分かると思う。
陸と空との違いはあるが、同じように長時間乗る飛行機の国際線の乗り心地とは雲泥の差である。


関連情報はここから⇒     
posted by y at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51580247

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。