2007年07月30日

縦とは:また、一般的には夜行バスでは「横独立3列...

また、一般的には夜行バスでは「横独立3列・縦10列」の座席レイアウトとなるためかなりゆとりができる。
それに対して、貸切バスなどによく用いられる「観光バス仕様」の車両はその多くが「横4(2+2)列・縦11列」(プラス補助席)の座席レイアウトになっている。
いかに夜行バス用の車両がゆったりした造りになっているかが分かると思う。


また、一般的には夜行バスでは「横独立3列・縦10列」の座席レイアウトとなるためかなりゆとりができる。
それに対して、貸切バスなどによく用いられる「観光バス仕様」の車両はその多くが「横4(2+2)列・縦11列」(プラス補助席)の座席レイアウトになっている。
いかに夜行バス用の車両がゆったりした造りになっているかが分かると思う。


消灯時はすべての窓のカーテンを閉めたほうがよい。
高速道路には運転者の安全のために数々のライト類があるのでカーテンを閉めないと、これらの光が車内に入ってきてしまい、これがまぶしくて就寝の妨げになってしまうからだ。
カーテンは遮光タイプになっているので、光をほとんどシャットアウトでる。
安眠のためにも(空席のところも含めて)必ず閉め、夜中に開けないように。


格安夜行バスには、背もたれがリクライニングの角度や前後のシートとの間隔などは飛行機の通常のエコノミー席のシートや電車の座席などとは比較にならない。
通常の飛行機や列車の座席の前後のシートとの間隔が80cm程度だが、夜行バス用として使われる車両では90〜95cm程度になる。
スリッパも備えられており、車内で靴を脱いで足を伸ばしてくつろぐこともできる。
座席そのもの以外にも、毛布(膝掛け)・飲み物や音楽などのサービスも充実している。
もちろん車内に水洗式のトイレも完備してある。


関連情報はここから⇒     
posted by y at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49730271

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。