2007年07月28日

高速とは:格安夜行バスの実態は深刻だ。これだけの安...

格安夜行バスの実態は深刻だ。
これだけの安い価格で運行をしている限りはしわ寄せがくるのも無理はない。
特に規制緩和の中で中小零細企業が参入をしてきた関係で既存の大手バス会社と零細企業の価格争いが起こっている。
零細企業が大手に勝つには価格を下げるしかない。
これがそもそもの夜行バスの事故増加の原因の一つであろう。


夜行バスは、「夜に出発し、翌朝目的地に到着する」長距離バスのことをいう。
そのほとんどが数百キロ離れた2つの地域間を結んで走っている。
たいていの場合途中経路のほとんどが高速道路を走るので「夜間高速バス」「夜行高速バス」などと呼ばれることもある。


夜行バスは、「夜に出発し、翌朝目的地に到着する」長距離バスのことをいう。
そのほとんどが数百キロ離れた2つの地域間を結んで走っている。
たいていの場合途中経路のほとんどが高速道路を走るので「夜間高速バス」「夜行高速バス」などと呼ばれることもある。


夜行バスは、「夜に出発し、翌朝目的地に到着する」長距離バスのことをいう。
そのほとんどが数百キロ離れた2つの地域間を結んで走っている。
たいていの場合途中経路のほとんどが高速道路を走るので「夜間高速バス」「夜行高速バス」などと呼ばれることもある。


その他夜行バス車内で役立つのは、夜間「光が気になって眠れない」「音が気になって眠れない」と思う人は、「アイマスク」や「耳栓」を用意して乗ることをおすすめする。
枕がないと眠れないという人は「枕」(空気でふくらませるタイプが便利)もあるといいだろう。
ただし会社によってはシートに枕が備え付けているところもある。


格安夜行バスは、価格の面ではほかの交通機関を圧倒している。
そして価格の面だけでなく、その利便性の面でも他を圧倒している。
それが今日の格安夜行バスの人気の秘密であろう。
しかしその人気があるがゆえの企業側の甘えによる、安全運行指導の徹底不足、運転手の超過勤務を無視、利益ギリギリまでに運賃を押さえ運転手の給料や休暇を削ってまで顧客を獲らなければいけない現実。
このような実態がある限り、この人気や需要もいつまでも続くものではない。


関連情報はここから⇒     
posted by y at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49496406

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。