2007年07月28日

夜行バスとは:格安夜行バスが増加して利用者にとっては利...

格安夜行バスが増加して利用者にとっては利便性が上がり、選択肢が増えた。
しかし格安か安全かと問われればほぼ100%が安全を選ぶだろう。
安全が確保されていない夜行バスに乗る人はいない。
もう一度格安夜行バスを運営する企業は襟を正してほしい。


格安夜行バスには、背もたれがリクライニングの角度や前後のシートとの間隔などは飛行機の通常のエコノミー席のシートや電車の座席などとは比較にならない。
通常の飛行機や列車の座席の前後のシートとの間隔が80cm程度だが、夜行バス用として使われる車両では90〜95cm程度になる。
スリッパも備えられており、車内で靴を脱いで足を伸ばしてくつろぐこともできる。
座席そのもの以外にも、毛布(膝掛け)・飲み物や音楽などのサービスも充実している。
もちろん車内に水洗式のトイレも完備してある。


格安夜行バスを利用する側にとってみれば、夜寝ている間に移動を行い、朝には現地に到着しているという感じなので、現地で時間を有効に使うことができて大変便利である。
さまざまな工夫がなされたシートは快適でおまけに運賃は他の交通手段に比べるとはるかに安いので、かなりお得な交通手段だといえるでだろう。


関連情報はここから⇒    
posted by y at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49496404

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。