2007年07月31日

格安とは:格安夜行バス-夜行バスの歴史@そんな夜行...

格安夜行バス-夜行バスの歴史@そんな夜行バスの歴史をちょっと紹介する。
夜行バスの歴史は意外と古く、1960年代から国鉄などが列車の補完として走らせていた。
当時は高速道路網も現在ほど充実していないし、また車両もごく普通の昼間に走る観光バスと同じようなものだった。


格安夜行バスには他の交通手段に対してすぐれているところはたくさんある。
主なところでは、運賃が安い、快適に乗車できる、時間を効率的に使えるといったことがあげられる。


格安夜行バスは値段が安いという利点のほかに、夜行バスとして必要な快適性も兼ね備えている車両であることが分かると思う。
陸と空との違いはあるが、同じように長時間乗る飛行機の国際線の乗り心地とは雲泥の差である。


格安夜行バスでは消灯後は携帯電話の使用はしないように。
消灯後に着信音を鳴らしたり話し声をたてたりするのは周囲にとって大変迷惑なことだ。
携帯電話は音が出ないようになっているか(電源切断またはマナーモード)どうか、寝る前に一度確認すること。


関連情報はここから⇒  
posted by y at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

カーテンとは:消灯時はすべての窓のカーテンを閉めたほう...

消灯時はすべての窓のカーテンを閉めたほうがよい。
高速道路には運転者の安全のために数々のライト類があるのでカーテンを閉めないと、これらの光が車内に入ってきてしまい、これがまぶしくて就寝の妨げになってしまうからだ。
カーテンは遮光タイプになっているので、光をほとんどシャットアウトでる。
安眠のためにも(空席のところも含めて)必ず閉め、夜中に開けないように。


格安夜行バスでは消灯後は携帯電話の使用はしないように。
消灯後に着信音を鳴らしたり話し声をたてたりするのは周囲にとって大変迷惑なことだ。
携帯電話は音が出ないようになっているか(電源切断またはマナーモード)どうか、寝る前に一度確認すること。


夜行バスは、「夜に出発し、翌朝目的地に到着する」長距離バスのことをいう。
そのほとんどが数百キロ離れた2つの地域間を結んで走っている。
たいていの場合途中経路のほとんどが高速道路を走るので「夜間高速バス」「夜行高速バス」などと呼ばれることもある。


関連情報はここから⇒  
posted by y at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

縦とは:また、一般的には夜行バスでは「横独立3列...

また、一般的には夜行バスでは「横独立3列・縦10列」の座席レイアウトとなるためかなりゆとりができる。
それに対して、貸切バスなどによく用いられる「観光バス仕様」の車両はその多くが「横4(2+2)列・縦11列」(プラス補助席)の座席レイアウトになっている。
いかに夜行バス用の車両がゆったりした造りになっているかが分かると思う。


また、一般的には夜行バスでは「横独立3列・縦10列」の座席レイアウトとなるためかなりゆとりができる。
それに対して、貸切バスなどによく用いられる「観光バス仕様」の車両はその多くが「横4(2+2)列・縦11列」(プラス補助席)の座席レイアウトになっている。
いかに夜行バス用の車両がゆったりした造りになっているかが分かると思う。


消灯時はすべての窓のカーテンを閉めたほうがよい。
高速道路には運転者の安全のために数々のライト類があるのでカーテンを閉めないと、これらの光が車内に入ってきてしまい、これがまぶしくて就寝の妨げになってしまうからだ。
カーテンは遮光タイプになっているので、光をほとんどシャットアウトでる。
安眠のためにも(空席のところも含めて)必ず閉め、夜中に開けないように。


格安夜行バスには、背もたれがリクライニングの角度や前後のシートとの間隔などは飛行機の通常のエコノミー席のシートや電車の座席などとは比較にならない。
通常の飛行機や列車の座席の前後のシートとの間隔が80cm程度だが、夜行バス用として使われる車両では90〜95cm程度になる。
スリッパも備えられており、車内で靴を脱いで足を伸ばしてくつろぐこともできる。
座席そのもの以外にも、毛布(膝掛け)・飲み物や音楽などのサービスも充実している。
もちろん車内に水洗式のトイレも完備してある。


関連情報はここから⇒     
posted by y at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

格安夜行バスの中には車内で快適格安夜行バスで快適に過ごすために

格安夜行バスの中には車内で快適に過ごすためにさまざまな装備がある。
たいていの格安夜行バス会社の中には、乗車直後(または、最後の乗車停留所を通過した後)にビデオを利用して説明が行われる。
不明な点があったら遠慮なく乗務員に尋ねてみてほしい。


夜行バスは高速走行を行う車両なので、座席には「シートベルト」が装備されている。
ほとんどは腰骨あたりをまく2点式だが、車両のメーカーや車種によっては最前列の席のみ肩ベルトがついた3点式を採用しているところもある。
高速バスではベルト装着について飛行機の中ほどやかましく言われることはないが、特に高速道路に入ったらシートベルトは締めたほうがよい。


また、一般的には夜行バスでは「横独立3列・縦10列」の座席レイアウトとなるためかなりゆとりができる。
それに対して、貸切バスなどによく用いられる「観光バス仕様」の車両はその多くが「横4(2+2)列・縦11列」(プラス補助席)の座席レイアウトになっている。
いかに夜行バス用の車両がゆったりした造りになっているかが分かると思う。


格安夜行バスの乗車時間は長時間になる。
ほとんどが寝ているとはいえ用意は万全にしていったほうが、より快適に過ごすことができるだろう。
バスの車内では複数の人が一緒に夜を過ごす。
自分なりに工夫することによって、周りを気にすることなく快適に過ごせる。


関連情報はここから⇒     

posted by y at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜行バスとは:格安夜行バスは今、変化のときを迎えている...

格安夜行バスは今、変化のときを迎えているのかもしれない。
私たちは価格だけではない夜行バスだけの醍醐味をもう一度再認識して、バス会社は乗客は決して価格だけで夜行バスを選んでいるわけではないことを理解してほしいと思う。


格安夜行バスの乗車時間は長時間になる。
ほとんどが寝ているとはいえ用意は万全にしていったほうが、より快適に過ごすことができるだろう。
バスの車内では複数の人が一緒に夜を過ごす。
自分なりに工夫することによって、周りを気にすることなく快適に過ごせる。


格安夜行バス-夜行バスの歴史Aそんな夜行バスに、一大転機が訪れたのは1980年代の後半。
福岡県の西日本鉄道が大阪府の阪急バスと組んで1983年に開業、そして1986年に新型車両を導入した福岡と大阪を結ぶ「ムーンライト」号がその先駆けとなった。
従来タイプの2人掛けシートではなく、1人1人各席が独立している大きく背もたれがリクライニングするゆったりとしたシート、トイレはもちろん自動車電話も装備するなど当時の常識では考えられないような豪華さを誇る新型車両を導入した。
 

格安夜行バス-夜行バスの歴史@そんな夜行バスの歴史をちょっと紹介する。
夜行バスの歴史は意外と古く、1960年代から国鉄などが列車の補完として走らせていた。
当時は高速道路網も現在ほど充実していないし、また車両もごく普通の昼間に走る観光バスと同じようなものだった。


関連情報はここから⇒    
posted by y at 14:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高速とは:格安夜行バスの実態は深刻だ。これだけの安...

格安夜行バスの実態は深刻だ。
これだけの安い価格で運行をしている限りはしわ寄せがくるのも無理はない。
特に規制緩和の中で中小零細企業が参入をしてきた関係で既存の大手バス会社と零細企業の価格争いが起こっている。
零細企業が大手に勝つには価格を下げるしかない。
これがそもそもの夜行バスの事故増加の原因の一つであろう。


夜行バスは、「夜に出発し、翌朝目的地に到着する」長距離バスのことをいう。
そのほとんどが数百キロ離れた2つの地域間を結んで走っている。
たいていの場合途中経路のほとんどが高速道路を走るので「夜間高速バス」「夜行高速バス」などと呼ばれることもある。


夜行バスは、「夜に出発し、翌朝目的地に到着する」長距離バスのことをいう。
そのほとんどが数百キロ離れた2つの地域間を結んで走っている。
たいていの場合途中経路のほとんどが高速道路を走るので「夜間高速バス」「夜行高速バス」などと呼ばれることもある。


夜行バスは、「夜に出発し、翌朝目的地に到着する」長距離バスのことをいう。
そのほとんどが数百キロ離れた2つの地域間を結んで走っている。
たいていの場合途中経路のほとんどが高速道路を走るので「夜間高速バス」「夜行高速バス」などと呼ばれることもある。


その他夜行バス車内で役立つのは、夜間「光が気になって眠れない」「音が気になって眠れない」と思う人は、「アイマスク」や「耳栓」を用意して乗ることをおすすめする。
枕がないと眠れないという人は「枕」(空気でふくらませるタイプが便利)もあるといいだろう。
ただし会社によってはシートに枕が備え付けているところもある。


格安夜行バスは、価格の面ではほかの交通機関を圧倒している。
そして価格の面だけでなく、その利便性の面でも他を圧倒している。
それが今日の格安夜行バスの人気の秘密であろう。
しかしその人気があるがゆえの企業側の甘えによる、安全運行指導の徹底不足、運転手の超過勤務を無視、利益ギリギリまでに運賃を押さえ運転手の給料や休暇を削ってまで顧客を獲らなければいけない現実。
このような実態がある限り、この人気や需要もいつまでも続くものではない。


関連情報はここから⇒     
posted by y at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜行バスとは:格安夜行バスが増加して利用者にとっては利...

格安夜行バスが増加して利用者にとっては利便性が上がり、選択肢が増えた。
しかし格安か安全かと問われればほぼ100%が安全を選ぶだろう。
安全が確保されていない夜行バスに乗る人はいない。
もう一度格安夜行バスを運営する企業は襟を正してほしい。


格安夜行バスには、背もたれがリクライニングの角度や前後のシートとの間隔などは飛行機の通常のエコノミー席のシートや電車の座席などとは比較にならない。
通常の飛行機や列車の座席の前後のシートとの間隔が80cm程度だが、夜行バス用として使われる車両では90〜95cm程度になる。
スリッパも備えられており、車内で靴を脱いで足を伸ばしてくつろぐこともできる。
座席そのもの以外にも、毛布(膝掛け)・飲み物や音楽などのサービスも充実している。
もちろん車内に水洗式のトイレも完備してある。


格安夜行バスを利用する側にとってみれば、夜寝ている間に移動を行い、朝には現地に到着しているという感じなので、現地で時間を有効に使うことができて大変便利である。
さまざまな工夫がなされたシートは快適でおまけに運賃は他の交通手段に比べるとはるかに安いので、かなりお得な交通手段だといえるでだろう。


関連情報はここから⇒    
posted by y at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 格安夜行バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。